FC2ブログ
プロフィール

etnacom

Author:etnacom
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

エトナ建材blog
輸入建材のエトナトレーディングです。当社の商品をご紹介します。施工事例もご案内。
三浦市一戸建てリノベーション日記③
まだ4月ですが各地で夏日を観測しているようですね。
相模原市もここ数日は夏日一歩手前から片足突っ込んでいるような陽気です。
暑さになれていない時期です、体調には十分に気を付けてくださいね。

さて第3回目の自社所有の三浦市一戸建てリノベーション日記は新しい屋根材貼りの様子です。

miura rehome-006
防水シートの上から1枚1枚丁寧に貼っていきます。

miura rehome-007
まだ棟部分は貼り終えていないですが、ほぼ全面貼り終わりました。
今回使った屋根材はファイバーグラスシングルのオークリッジスーパーです。
色は茶色と青色と赤色で迷ったのですが、赤色のテラコッタブレンドに決定。濃淡のある色調が美しいです。

商品・工事に関するご質問等ありましたら、エトナトレーディング有限会社まで。


三浦市一戸建てリノベーション日記②
桜が散って、青葉が出てきました。
皆さんはお花見、楽しみましたか?

さて第2回目の自社物件の三浦市一戸建てリノベーション日記は、旧屋根材の撤去と防水シート貼りの様子をご紹介です!

miura rehome-004
古い屋根を全て撤去している様子です。
屋根工事の方法には2種類あり、①古い屋根の上から新しい屋根材を貼るカバー工法。
②古い屋根材を全て撤去し、改めて屋根材を貼る葺き替え工法です。
三浦市一戸建てリノベーションでは、②の葺き替え工法を採用しています。
葺き替え工法は費用が高い・工期が長いなどのデメリットもありますが、
使用できる屋根材が豊富なため、外観のイメージが一新できる・屋根材の下の状況が確認できるなどのメリットがあります。
(カバー方法のメリットは費用が比較的安い・工期が短い。デメリットは屋根材の下の状況が確認できない等)

miura rehome-005
古い屋根材を撤去し終えると、次は防水シート貼りです。
屋根の役割は室内の温度調整や雨や雪から中の住人を守る等の快適さだけではなく、
雨漏りなどの水害から建物を守る役目もあるので、防水シート貼りは重要な工程です。

次回はついに屋根材を貼っていきます。見違えるようにキレイになった屋根にびっくりしますよ!

商品・工事に関するご質問等ありましたら、エトナトレーディング有限会社まで


三浦市一戸建てリノベーション日記①
新年度が始まりましたね。3月20日頃に咲いた桜も随分もち、
桜吹雪の中、入学式・入園式を迎えられたところも多かったのではないでしょうか?

さてブログタイトルの「リノベーション」とは修復や再生を意味する言葉です。
日本では築年数が古いと価値がない、または低いとみられ、
その評価が使用した材料や建築方法などがそれぞれ違う中で、十把一絡げにされてきました。
しかし、空き家問題などが深刻化する中、「リノベーション」で家を再生し、価値を再評価しようという考えが生まれ始めています。

そんな中、エトナでは三浦市にある自社所有一戸建てリノベーション工事が始まりました。
家を蘇らせる事で、築年数に関係なく評価される物件を目指す挑戦の様子を連載形式でご紹介いたします。
第1回はリフォーム前の外観の様子と屋根工事の為の足場掛けです。

miura rehome-001
1階がブロック、2階が木造の一戸建ての築37年の物件です。
庭には木が生い茂り、壁には蔦が這っています。

miura rehome-002
庭の木や壁の蔦を撤去し、工事がしやすくなりました。
屋根工事に向けて、足場を掛けています。

miura rehome-003
ちなみにリフォーム前の屋根の様子。長年の雨風にさらされて随分ボロボロです。
次回はそんな屋根工事の様子をご紹介。
随時アップしていきますので、最後までお楽しみに!

商品・工事に関するご質問等ありましたら、エトナトレーディング有限会社まで


W様邸ドア交換リフォーム
2月も後半になり、ついに花粉の時期が始まりましたね。
毎年毎年例年より多く飛散する、とのニュースが報じられますが、今年も例にもれず多いそうですね…。
花粉症の私も辛い時期ではありますが、梅や桃、(まだ先ですが)桜の花は楽しみです。

さて、今年最初の話題は昨年の11月に行ったドア交換リフォームです。


交換前はガラス入りの格子ドアとフラットドアでしたが、ステンドグラスドアに交換しました。
半面と全面の違いはありますが、3枚とも同じデザインで揃えられるのはオーダーならではの贅沢です。
写真では見えずらいですが、半面のステンドガラスの背景ガラスは葉模様で、向こう側が見えずらいガラスを使用しています。
全面のステンドガラスの背景ガラスは波模様ガラスで、透明度が高いガラスを使用しています。
■ステンド入り室内木製ドア
(全面)品番:M-1SV1-E6 材質:レッドウォルナット 色:白の潰し塗り
(半面)品番:R-3SV1-E6 材質:レッドウォルナット 色:白の潰し塗り

Wm-02.jpg
3枚のドア交換以外に、収納横の既存壁を撤去し、収納棚の交換も行いました。
施工前には収納棚と枠の間に微妙な隙間があり、デッドスペースとなっておりましたが、
施工後は写真の通り。枠との隙間はなく、ピッタリです。
■オーダー収納棚 サイズ:W1500×H820×D190(㎜) 色:白の潰し塗り

商品・工事に関するご質問等ありましたら、エトナトレーディング有限会社まで


新年のご挨拶
明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情にあづかり、こころより御礼申し上げます。

本年は1月7日(月)から営業を再開させて頂きます。
休業中はご不便をお掛けいたしますが、宜しくお願い致します。

H31 nenga